Je・F・Se・M Top page
Contents
Top
Infomation
Review
Blog
Hobby Summary
Link
 
 

 
戦国天使ジブリール
ブランド ジャンル 原画 シナリオ
フロントウィング ADV 空中幼彩 橘ばん/
和泉万夜 他
パラメーター
シナリオ ★★ H ★★★★
キャラ ★★★★ コミカル ★★★
感動 ダーク ★★★
値段 発売日
8,800円 2011/07/29
平均プレイ時間 おすすめ
6時間〜 ★★★
   

 シナリオ


 「今度のジブリールは戦国時代!?」


 マイマイ、メイメイの騒動(ジブリール4)から暫く経過し、
 剣人はもも、葵、ユズハ達とイチャイチャしながら過ごす日々。

 そして学園祭初日、クラスの出し物「戦国メイド喫茶」にて、
 もも達は武将のコスプレをして大いに盛り上がっていた。

 しかしそんな時、幽閉されていたはずのマイマイ、メイメイコンビが襲撃。
 何と「第六天魔王」を助っ人に引き連れてきたのだ!

 魔王の力に苦戦するも、マイマイのドジで因果律が崩壊。
 皆が戦国時代に飛ばされてしまい…








 システム

 セーブ箇所:90箇所

 クイックセーブ&ロード、スキップ他標準機能搭載。
 サウンド設定はキャラ別ボリューム調節可能。


 進め方は選択肢型
 エンディングは各キャラ3種類ずつあり、TureEND、NTREND、BadEND。
 前者は簡単。後者2つは選択肢の調節次第。
 どれを選んだら良いのかは簡単なので、難易度は低いです。
 ヒロイン分岐の方法は「最初の選択肢」という簡単仕様。

 ハーレム√はありませんが、キャラクリア後に「マイマイ√」がオープン。

 パッチ情報 : なし






 キャラクター


 早乙女もも  ★★★★☆ CV:佐倉もも花
 幼馴染で世話焼き。一途に慕う犬チックな娘。
 今回はタイムスリップにて織田信長と入れ替わってしまう。
 何とか歴史通りに進めようとするものの…


 綾小路 葵  ★★★★☆ CV:芹園みや
 胸が残念な事を除けば非の打ち所がない女の子。
 前作の剣人の影響でH知識、感度は飛躍的な進化!!
 ただ素直になれず、仲は一向に信仰していない模様。
 タイムスリップにより上杉謙信に入れ替わってしまう。


 星川 ユズハ  ★★★★☆ CV:東かりん
 少し頭が残念なものの、Hに対しての追求は人一倍な女の子。
 タイムスリップでは武田信玄になるものの、やっぱり頭はからっきし。
 女の子なのに史実の信玄の娘「琴姫」からは「お父様」と呼ばれる。


 マイマイ  ★★★★★ CV:民安ともえ
 双子の悪魔の妹。チッパイ担当。
 生意気かつ強気なものの、ここぞと言うときにドジを踏む。
 更には姉であるメイメイや剣人に弄られて涙目になるのが可愛いところ。

 メイメイ  ★★★☆☆ CV:まきいづみ
 双子の悪魔の姉。ロリ巨乳担当。だがHシーンがない・・・ だと・・・
 悪魔なのだが妖精のような外見をしている。しかし腹黒い。
 何故か戦国時代では美少女のおしっこを集めている。







 総評


 抜きゲーとしては上々、ただシナリオ面が期待ハズレ。


 タイムスリップ、しかも史実キャラに入れ替わってしまう。
 こういうストーリー紹介… もう色々期待しちゃうわけですよ!!
 
 「ヒロインが信長等の武将と入れ替わる」→
 「つまりは見た目が同じなだけで性格は違う?」


 こう思っちゃってたわけです。

 例えば信長だと元になるキャラはノホホンとしているけれど、
 正反対の性格になってしまい、主人公が慌てるとか。
 そしてイベントを暫く進めると記憶が元キャラに戻るとか。


 そういったのを期待してたんですねw
 ちなみにこの展開、キャラによっては一応期待通りだったりします。

 ただ蓋を開けてみると、キャラによっては単なるタイムスリップ。
 確かに周りのモブからすれば信長等になってはいるものの、
 ヒロイン達の性格はそのままで変化なし。
 更にはももルートで言えば、信長の元に謙信と信玄が来る上に和気藹々という
 何とも良く分からない展開になります。

 歴史にあったイベントらしいものも確かに出はしますが、
 戦国トリップモノを期待すると期待はずれなので注意。



 あ、でも抜き要素的にはシチュ的にも好みなものが多かったです。


 簡単に纏めると

 ももルート=信長にチェンジ
 性格は変わらず、現代の記憶もある状態
 葵、ユズハも同様に性格変化や記憶弊害もなし

 葵=謙信にチェンジ
 性格は変化していて、現代の記憶も主人公も覚えていない
 もも、ユズハは性格変化、記憶弊害もなし

 ユズハ=信玄のチェンジ
 性格は変わらず、現代の記憶もある状態
 葵、ユズハも同様に性格変化や記憶弊害もなし



 GOOD!!

 ■ H関係の選択肢

 Hシーンでは選択肢によって敵にHされてしまうか、
 それともHシーンを見ずに助かるかという選択が可能。

 プレイヤーがヒロインの取る行動を選択し、
 それによってHシーンが発生するという展開は実はかなり好きなので嬉しい限り。

 そのヒロインの運命を操ってる気分になれる服従感といいますか
 優越感といいますかw
 Hシーンに突入させてやんよ!ってS心が擽られます。

 Hシーンも強姦気味が多いですが、少しずつ感じていき、
 最後に屈する感じ、そしてそれを一生懸命本能で拒否する様がGOOD。


 ■ オマケルート

 皆大好き(?)敵役のマイマイルートがキャラクリアでオープン。

 しかしマイマイがいちいち可愛すぎて辛い。
 なんか本編よりもこっちで満足してしまったw
 シナリオとしては恋人のふりをすることになった主人公が
 マイマイを苛めるストーリー。
 性的な意味での苛めじゃなくて、イジリやすいキャラなので
 嫌いなお風呂に強引にいれたり、怖い話が苦手な彼女にビックリ恐怖体験をさせたり
 見ていてホッコリするタイプ。
 少し残念なのはイベント毎のCG、
 最後以外はデフォルメ絵だけなので一枚絵CGにしてほしかったです。

 後は最後の選択肢はないわww


 ■ エロシチュが好み

 触手、強姦系と抜き要素の高めなシチュが多いのが良い感じ。
 また、NTRがあるのも個人的に高評価。
 いえ自分、NTR(寝取られ)って実は嫌いなシチュなんです。

 …が、「オッサン系」にされるのは逆に大好物!!
 同様に、鬼畜系シチュとしても、イケメンではなくオッサン系が好きです。
 #イケメンの場合だと、何かリア充爆発しろって気分になr(ry

 今回も例によって例の如く、スイカ先生とのシチュが多めなので嬉しい限り。
 主人公以外とのHシーンも「汚いオッサン」+「無理やり」が多かったですし満足w
 ただNTRも含め、人によっては大嫌いだと思いますので完全に好みですね。


 また、この辺りはジブリールらしいところなんですが、
 主人公以外に強引にされても、基本的にそのまま進行するのが良い所w
 普通「そのままBADENDじゃね?」というシチュでも何事もなかったかのように、
 Hシーンを選択しなかった時と同じように進みますしね。



 BAD!!

 ■ ストーリーがイマイチ残念…

 基本的に言いたい事は上で書いたのでサックリと。

 お笑いシーンがあるというわけでもありませんし、
 Hシーンも強姦系であっても基本的に何事もなく進みますし。
 所々スキップしてしまう場合もあったり…
 悪い言い方しちゃうとストーリー見なくてもよくね?って勢い。

 作風的には明るいノリなので、
 全般的にコミカルシーンを増やした方が良かった気がします。
 良い例がオマケのマイマイルートですかね。

 後はメイン3人以外の扱い… 例えばジブリールとか、アッサリしすぎてて残念。
 もう少し絡ませても良いんじゃないかな。

 最後にハーレムENDがないのは何でなんだぜ?


 ■ エロシチュは好きではあるのですが…

 エロシチュが強姦系、触手系が多いこともあり、
 該当シチュ好きとしては、抜きゲーとして悪くないです。
 特に先生とのシーンや多人数シーンはプレイが終わっても何となく見たくなるw

 ただシチュは確かに好きなのですが、抜き要素を求めると少しボリューム不足かな
 また、鬼畜っぽさも確かに前回よりは上がっている気がしますが、
 作風のせいか、はたまた舞台背景のせいか、前回よりも優しい感じがしてしまいます。
 #以前は学園モノだったので、余計に強姦系のインパクトが強かった反面、
 今回は戦国時代モノなので「ありそうだな」と感じてしまうんですね。


 ■ エロシチュは好きではあるのですが… パート2

 Hシーン内での不満点としては、前戯関係が少ないのが残念
 皆すぐ挿入ばかりなので、前戯好き…というより、胸責め好きとしては悲しい限り。


BACK


Copyright(c) 2010 HIMMEL